logo
Home

テジャス インド

テジャスは改造可能レベル39で一段階のみです/06/02 17:47:56) 今年になって実機開発はやっと終わったとか聞きました --- 夏至月 (/04/11 21:49:22). 見た目はまったくインド料理と思えませんが、食べてみると香りとか味わいとかがやっぱりインド! こういう料理って実際のインドにもあるのだろうか? テジャス・ソヴァニ総料理長. この航空機は1985年、当時のインド首相インディラ・ガンジー(初代首相ジャワハルラール・ネルーの娘)により、新型戦闘機を開発することが発表された。HF-24「マルート」開発から約30年ごしの計画で、最新技術への不安はアメリカ企業と共同開発する方式を採って解決することとした。 開発はインド側はHAL(ヒンドスタン航空機)やADA(インド航空開発局)、DRDO(インド国防研究開発機構)が行い、機体設計はロッキード(当時)、エンジンにはゼネラル・エレクトリックが関わることになった。. インドがテジャスっていう戦闘機を開発しているようですが、これは、どんな感じの戦闘機ですか? 開発計画はLCA(LightCombatAircraft)と命名された。搭載エンジンは初期型に米国製ゼネラル・エレクトリックF404ターボファンエンジン、後期型に国産カヴェリ(Kaveri)エンジンを予定している. この航空機はインド特有の国際的なバランス感覚というか、要は優柔不断に振り回されている。現在、インド空軍はMiG-21bison(MiG-21bisの近代化モデル)やMiG-23・MiG-27に加えてSu-30やMiG-29、ミラージュを配備しており、将来的にはMiG-21やミラージュをラファール・PAK-FAで置き換えることも考えているようだ。 インドへのラファール売り込みはMiG-21の置き換えに126機が予定されていたが、インド生産分にもダッソーによる品質保証(=きっちり同じ製品を作れるよう指導してくれ)を求めたために交渉は難航。結局36機はダッソー生産分を導入することになったものの、その後の機をどうするかは決まっていない。オランド大統領はインドを説得しようとし、モディ首相もダッソー社を訪問する等、おたがい歩み寄る姿勢こそ見せているものの、未来はまったく不透明なままである。 一方、HAL・ADA自身もテジャスの経験を生かして、新たな次世代戦闘機計画を、ってどう見ても(問題点を含んだ)テジャスの拡大です本当にありがとうございました。エンジン等はテジャスで使われる予定だったものを搭載するようで、解決していない現状のテジャスの問題も含めて、果たしてどうするのだろうか。もしかしたらアージュンのようにごり押しで片付けるのだろうか・・・ このように、長期化するごとに暗雲が垂れ込めて、もはや青い空が見たいよ! テジャスはサットヴァの質だと言われています。 仏や菩薩の体から発生られる後光はテジャスだと言えるでしょう。 インドにはテジャスに満ちた人が日本より多くいるように感じられます。. MiG-21は第2世代ジェット戦闘機でありながら、格闘戦ではF-4など第3世代戦闘機にも全く引けを取らない戦闘力を秘めていた。ベトナム戦争では、総合性能に優れるアメリカ機相手に様々な戦術を駆使して立ち向かい、エースパイロットさえ生み出した。他にもMiG-21は中東をはじめとして世界中で威力を示し、それまで最大速度一辺倒だったアメリカに「格闘戦重視型戦闘機」を要求させるという、画期的変革の立役者となった。 だが1980年代、ベトナムで散々煮え湯を飲まされたアメリカはF-15・F-16といった新型機を生み出し、またAIM-7「スパロー」に替わるAIM-120「AMRAAM」も新開発して対抗した。そうなっては格闘戦では強いものの、レーダー等の電子機器で劣るMiG-21には分が悪かった。 こうしてMiG-21は「格下げ」されてしまったが、交替したはずのMiG-23もMiG-25も、高性能だったが複雑・高価で、格闘戦はまるで考慮しておらず、対地攻撃任務での使い勝手も配慮に欠けていた。そこでMiG-21は能力を拡充して「多目的に使える戦闘機」としても返り咲いた。たとえ「型落ち」でも、安価で維.

前述のとおり、元々はJ-7の能力拡充を図った開発計画であった。 しかし現状の形態からみて、おそらくFC-1開発計画以降に刷新されて、今や「全く新規に設計された別物」と見做しても差し支えないだろう。その変貌ぶりは多岐にわたっており、変わっていない場所を探すのが難しい位になっている。. FC-1のパキスタン向け輸出・ライセンス生産機。 年の時点で実戦飛行隊5個、テスト部隊・教育部隊それぞれ1個が編成されている。現在も続々と増産・配備中。. · インド航空開発庁はテジャスの設計に高度技術が搭載されていることを強調したと、同アナリストは付け加えている。 機体には高度な炭素繊維複合材(CFRP)が使用されており、高度なアビオニクスを搭載している。. インドの航空機メーカーhal(ヒンドスタン航空)は、国産戦闘機テジャスの完全作戦能力(foc)機が年3月17日に初飛行を行なったと発表しまし. インドの航空機メーカーhal(ヒンドスタン航空)は、国産戦闘機テジャスの完全作戦能力(foc)機が年3月17日に初飛行を行なったと発表しました。 すでにインド空軍で運用中ですが、これはインド初の国産戦闘機計画における大きな節目となります。. 説明文今回はインドの軽戦闘機テジャスの解説です。投稿遅くなりました、申し訳ございません。気軽にコメントをお願い致します。(もちろん. 5世代・第5世代へと変遷していった。ところで未だ配備されない第4世代の価値はどれほどのものだろうか。いや、元をただせばMiG-21の後継で、この任務や役割を受け継ぐ戦闘機なら、それで良かったはずである。 なのに、なのに、それなのに。 年、MiG-21FL最後の飛行隊が解散となり、テジャスは間に合わなかった。MiG-21bisは現役に留まるものの、こちらも更なる開発遅延への対処として、延命化改修が行われることになった。テジャスの完全な作戦能力を獲得するのは年の予定で、最初の飛行隊が編成されるのはさらに~18年の予定となっている。ただし、これまで「予定」というものを次々に更新し続けたテジャスである。果たして計画どおり進むかどうかは疑わしい。 実際、空軍内部ですら『せっかく開発したんだし、このまま配備しよう派』と『遅れまくりだし、いいかげん見切りをつけて新型機を輸入しよう派』の2派閥に分かれており、おかげでテジャス開発費を捻出する一方で、ラファールを導入して国内でも生産しようとしたり、PAK-FA開発にも資金提供して共同開発の体裁をとる等、次期戦闘機事業は迷走しているようである。 あっちこっちどれもつかず、このままじゃ全てがゼロに・・・いや、そもそもゼロはインドで生まれました。日本の発明品じゃありません。思い返せば、HF-24「マルート」だって核兵器保有による制裁で頓挫した機である。インド国産戦闘機の夢は、いつだって延期と頓挫&破綻の多段コンボからは逃れられないのだろうか。.

m edia_id =159&fr om=diar y&id=年2月20日、インド国防省は開発中だった国産戦闘機「テジャス(Tejas)」MK. ところで80年代の中国はどうだっただろう。 中国でも初期型に準じたJ-7を生産していた。しかし本家MiG-21が旧式化したのなら、こちらも旧式化したと見るのは当然だった。J-7は本家に12年遅れる1967年から運用が始まっていたが、それからわずか10年で次世代の後継機を探さねばならなくなったのである。 当然そのまま手をこまねいている訳もなく、中国は技術的に遅れている中でも努力を重ね、何とかJ-8を開発していたものの、初飛行後は電子機器などの開発に手間取り、まだ使ってもいないのに旧式化してしまっていた。もちろん中国としては何とか世界の趨勢に遅れないように開発したかったのだが、「大躍進」に伴う混乱が後を引いて思うように事は進まず、概して上手くいってはいなかった。 そこで1980年代後半、J-7を基に西側諸国の技術を取り入れ、大幅刷新したJ-7を開発しようという「スーパー7開発計画」が持ち上がった。. インド国産戦闘機 テジャス インド LCA テジャス 科学 テジャス(Tejas)はアメリカ等の技術協力を受け開発されている戦闘機で、LCA(Light Combat Aircra. インドの国産戦闘機「テジャス」が完全運用能力を獲得 mixiユーザー(id:Javascript の設定が無効になっているため、一部の機能を利用できません。. テジャスとは、インドで開発中の国産戦闘機である。 名前の由来はサンスクリット語で「火」を意味し、「光り輝く」といった形容詞も含む。 そしてその名の通り絶賛炎上中である。 概要 火を灯せ イ. テジャス 飛行するテジャス(年) 用途 : 軽戦闘機 分類 : マルチロール機 テジャス インド 製造者 : ヒンドスタン航空機(HAL) 運用者 : インド ( インド空軍 、 インド海軍 ) 初飛行 : 年 1月4日 生産数 :量産機20機(年) ※年までに量産機123機を予定 テジャス インド 生産開始 : 年 運用開始 : 年 1. net テジャスの導入は、インドが「比較的低価格」であることから、主要な防衛輸出国として浮上するの. 上述のとおり、J-7後継を狙った後継機のうちの「安全牌」にあたる。 結局はより高性能なJ-10に軍配が上がり、FC-1は輸出専用機に留まった。.

2が要求性能を満たしていれば201機購入することを約束しているらしい。 では、テジャスmk. インドの国産戦闘機「テジャス」が完全運用能力を獲得 https:/ /news. 中国メディアの捜狐は23日付で、インドが開発したlca戦闘機(テジャスの呼称もある)を「性能は落ちこぼれ」「超高価」と酷評する記事を掲載. 「gicros ginza gems」にオープン! 最先端のインド料理「spice lab tokyo」 テジャス・ソヴァニシェフ. インドは本来できるだけ早くlca「テジャス」戦闘機を装備し、ミグ-21mfとの交換に用いることを希望していた。 だが研究開発過程が緩慢で、価格が比較的高いため、現在まだ大量装備されていないままである。. インド料理の概念を覆す 「spice lab tokyo」テジャス・ソヴァニシェフ.

1 猪木いっぱい ★ /05/18(月) 18:03:00. インド ヒンドスタン航空機(HAL)テジャス軽戦闘機 (1:144 Scissors and Planes №2105) 今日は製作中の悪役1号を休止して気分転換の航空機です. 昨日と同じ作業の繰り返しになる駆動部の反対側つくるのが億劫になった訳ではない、多分.

テジャスは、旧式のMiG-21戦闘機を置き換える「軽戦闘航空機(Light Combat Airclaft=LCA)」計画に基づいて開発されたインドの国産多用途戦闘機。 開発作業はインドを代表する航空機メーカーHAI(ヒンドスタン航空工業)が中心となり、アメリカの技術支援も. 年11月に銀座にオープンした、日本初のモダン・インディアンキュイジーヌ「spice lab tokyo(スパイスラボトーキョー)」。. 今まで出合ったことがない独創的なインド料理には、ひと口、ひと皿ごとに魅了され口福へと誘われる。 シェフを務めるテジャス・ソヴァニさんは、ラグジュアリーホテル『aman』の副総料理長や、世界一と称される人気店『noma』で経験を積んできた。 西安飛機ではJ-7の後継としてJ-10、そして本機JF-17(FC-1)を並行して開発しており、これはおそらく新技術に対する「冒険」「保険」の意味合いがあったものと思われる。 (今でこそ上書きされてはいるが、J-9~J-13は全てモノにならなかった過去がある) JF-17は、クロースカップルドデルタとなったJ-10と比べて堅実な設計となっているが、それはあくまで「J-10と比べて」というお話で、これまでのJ-7とは「ちょっとした改良」どころではない位に手が入っている。冷戦終結後、MiG-21を運用する国には、近代化改修を施して現役継続させた国もあったが、JF-17はこれら搭載機材を入れ替えたような改修型とは一線を画し、機体もエンジンもすっかり新設計になっている。 目立つ部分では主翼がクリップドデルタになり、翼端に短射程AAMのランチャーを追加。MiG-21では翼端にランチャーを追加すると、この過流が尾翼に不規則振動を及ぼしてバフェッティングを生じたというので、当然尾翼は形状・主翼との位置関係も含めて変わった。とくに垂直尾翼などはJ-7(MiG-21)とは見る影もない別物である。ミコヤン(現・統一航空機製造)の計画機も参考にされたようで、成都からは技師の出向を認めている。 パキスタンは中国製エンジンの寿命の短さを嫌ってロシア製エンジンの導入を希望したが、ロシアは敵国インドにも兵器を供給(しかも中パどちらよりも手厚く)する関係なので、西安飛機では機体を更新し続ける一方、改めて中国製エンジンの提案も行っている。現在はWS-13(ライセンス生産版RD-33)を搭載した実証機を制作し、初飛行に成功している。. テジャス インド 最近、インド空軍が進めている海外製戦闘機導入プログラムの周辺が騒がしくなってきてる。 参考:83 LCA-MK1A deal high priority: IAF chief. 年11月に誕生した、新たな銀座のランドマーク「gicros ginza gems(ジクロス ギンザ ジェムズ)」。その10階に、注目のレストランがオープンしました。. 科学技術の分野において、ぜひとも世界に追いつきたい。 確かに中国は核兵器を配備し、ICBMも(共にいちおう「自力で」とはいわれる範囲で)開発できていたが、科学技術とはそれだけではない。レーダーやコンピュータなど電子機器の分野では、中国は全く遅れていた。 第二次世界大戦は国共内戦の只中でもあり、技術開発はおろか、技師育成さえままならない国内事情だった。よってレーダーのような最先端装備はあまり研究が進んでおらず、技師は他国の成果を見て研究するという事態になっていた。こうしたスタート地点から出遅れていた状況は70年代も続いており、例えばJ-8などは、機体開発が終わっても電子機器開発で躓いて実用化が遅れに遅れていた。 そんな中国の状況を変えたのは、ベトナム戦争終結に伴う折衝の中アメリカとのパイプを得たことで、ここから技術協力を得られれば世界最先端に追いつく目が見えてきた。アメリカとの関係は中国の果たした役割に比例して良好で、後の事態を思えば、この頃は友好的なムードだったといえる。 その友好的なムードの中で、主力戦闘機の改良計画が持ち上がった。中国で遅れていた分野を、アメリカ等西側諸国の技.

インドの航空機メーカーhal(ヒンドスタン航空)は、国産戦闘機テジャスの完全作戦能力(foc)機が年3月17日(現地時間)に初飛行を行なった. Iが最終の運用試験に合格し、完全な運用能力を獲得したと発表し. See full list on dic. 元スレ1 テジャス インド :猪木いっぱい ★:/05/18(月) 18:03:00 ID:NFc1yxiX9. テジャス(Tejas)は、アメリカなどの技術協力を受け開発されているインドの国産戦闘機である。なお、「テジャス」とはサンスクリットで「火」を意味し、「光り輝く」との意味も備える。LCA(Light Combat Aircraft、軽戦闘機)の名称も知られている。.

開発は21世紀に入っても苦難が続く。年になって経済制裁が解除され、ようやく試作機が初飛行。量産型は年に登場し、年にやっとこさ初期作戦能力(事実上の名目だけ)を獲得。 そんな中で、世界最先端の戦闘機は軒並み第4世代から第4. J-7:本国を含む各国での主な前任機。MiG-21F-13を基にした中国製独自発展型。 J-10:共にJ-7後継を争った。高価ながら高性能で、本国での主力機。 J-20:この機の後に設計された「本気の」ステルス戦闘機。 J-31:J-20との関係はJ-10とJF-17のそれに近いが、こちらは全く音沙汰ない。 MiG-21:テジャス共々、すべてはここから始まった。 MiG-29:MiG-21の後継という意味では競合しやすい機種。 F-5:役割はJ-7と同様で、こちらも後継はJF-17のカバー範囲。 F-16:元をただせば、この機の追加導入を見込めなくなった事が開発の切っ掛け。 テジャス:お隣の国で開発されたほぼ同様の戦闘機。. インドの国産戦闘機テジャスは、LCA(Light Combat Aircraft)と呼ばれる軽戦闘機。 主に老朽化が進むMiG-21や、MiG-27(年末に退役済)の後継として運用されることを目的としたマルチロール機です。.

インド海軍ではこのほか、現在建造中の国産空母「ヴィクラント」でもテジャスを運用する予定で、就役は年を見込んでいます。 ニュースURL. ナマステ。 『「インドに狂う」1人旅専門家&インドオラクルカードであなたを幸せに導く』片野恵子です。 「海外旅行一人旅」を楽しむ、お話し会。. と叫びだしたいほどになってしまったテジャスである。現状で良いところと言ったら、やはり猛々しいというよりも可愛らしい容姿だろうか。インドで求められる性能を備えた、手頃な大きさの戦闘機であり、愛嬌のあるダブルデルタ翼を備えている。 各国で開発されている戦闘機を比べて見れば瞭然であるが、やはり戦闘機とはその国ごとに違った要件を求められるものであり、また生産にも工業発展の粋が問われるものである。つまり戦闘機が工業力や国防政策の指標とも考えられる訳で、インドが自主生産(できれば設計も)にこだわるのも無理なからぬところ、という訳である。それが現状で「火」どころか「水子」に終わってしまいそうな戦闘機なのだが。 果たしてミグやミラージュを刻んでマサラを加え、カリ(汁物)にしたような戦闘機は完成するのだろうか。これからも(主に)DRDOの仕事は問われている。. ところが、この航空機の開発は難航、さらに政治サイドによる要求仕様の変遷も拍車をかけて迷走、1993年初飛行の予定はズルズルと延長されることになった。中でもエンジンを担当するDRDOは問題で、とくに納期の点では全くアテにできない程と分析されていた。年時点でも完成していないので、現在のところGTX-35VS「カヴェリ」の搭載はあきらめている。 さらに1998年には、核実験への制裁としてアメリカ企業は軒並み撤退、以降はエンジン開発にSNECMA(フランスのエンジン開発企業)を頼るなど、開発はさらに難航した。こうして開発は絶賛長期化中であり、開発費は56億⇒250億(ルピー)と増大し、こうした遅れからMiG-21bisonへの近代化にも約210億ルピーを費やすことになってしまった。 おかしいな。インド人は数学に強いんじゃなかったのか?. ヒンドスタン航空機は年3月17日(火)、完全運用能力(foc)を持つインド空軍向け軽戦闘機、テジャスが初飛行したと発表しました。focを持つテ.